ポーランド緊急撮影 2022年6月20日~7月2日まで
Urgent Photo Shoot in Poland, June 20 - July 2, 2022

ポーランドから届いたメールの一部
見ないフリをしないでください。もし支援できないなら良い一日をお過ごしください!」
という言葉が心に強く残りポーランド・クラクフに戦火を逃れて避難しているウクライナの人たちの現状と受け入れているポーランド・クラフクの様子を2022年6月20日~7月2日まで緊急撮影。
I received an email from Poland, saying  "Please do not pretend you haven't seen anything. If you cannot give support, then have a good day." It moved me deeply, and took me to Krakow, Poland, to shoot how refugees from Ukraine are doing in Poland, and how they are being accepted in the neighboring country.

【写真】 写真は28点、最初にウクライナ避難民の状況、次に受け入れている「ポーランドの京都」と言われている世界遺産の街クラクフの様子、後半に毎日午後に旧市街の中央広場で開かれる平和集会、最後の1点にクラクフから70キロにあるアウシュビッツ博物館収容所の入口写真。悲しい歴史を繰り返さないために訪れたい場所として。
Photos are 28 in all, starting from how the refugees are doing, then how an historic city of Krakow, often compared with Kyoto, is like. The latter half are peace  rallies held every afternoon at a main square in the historic district of Krakow, and the very end photo is the entrance to the Auschwitz Museum, reminding us not to repeat such sad history.

No.1 クラクフ本駅に設置されたウクライナからの避難民を対象に情報を伝えるポイント
At this information desk set up at the Krakow Glowny Station, refugees are provided necessary information.
©Teruaki Iida
No.2  調理場所がないため購入したパンや缶詰の支給が多いと言うイタリア人が運営するNGOアガベで
There is no kitchen in this Italian-led NGO AGAPE refugee facility, so mostly bread and canned foods are provided. 
©Teruaki Iida
No.3  クラクフ市の支援センター(市内に4か所ある1つ)元ショッピングセンター、24時間サポートだが空調が効かないと言う  
There is 24-hour support here, one of four support centers in Krakow. It once was a shopping center, not much air-conditioning.
©Teruaki Iida
No.4 映画「シンドラーのリスト」のロケ地にもなったカジミエシュ地区にあるユダヤコミュニティセンターでの物資支援
Jewish Community Center in Kazimierz District, famous for film "Schindler's List", provides material support.
©Teruaki Iida
No.5 避難民親子の支援をするニダロスで、運営費の節約で電気を消されたスペースで食事をとる子どもたち
Refugee family is provided support at NIDAROS, but children must eat without light to economize.
©Teruaki Iida
No.6 「チームクラクフ ドラ ウクライナ」の支援倉庫で、代表のエルネストさん(右)、倉庫管理担当のピーターさん(左)と  
"Team Krakow dia Ukrainy" manages a huge storage house. MY LEFT: Ernest, representative  MY RIGHT: Peter, storage manager
©Teruaki Iida
No.7 今までにウクライナへ40トンの支援物質を運んでいる。代表のエルネストさんが私財も投入してここまで支援するのはなぜか...
They have transported more than 40 tons of support goods to Ukraine so far.  Ernest's private fortune is included. Why so?  
©Teruaki Iida
No.8 市内各所に掲げられているポーランド出身のヨハネ・パウロ2世
Portraits of John Paul II are seen in various places of the City of Krakow.  He is from Poland.
©Teruaki Iida
No.9 旧市街入口のフロリアンスカ門から聖マリア教会を望む
View of St. Mary's Church from Florianska Gate, the entrance to the historic district.
©Teruaki Iida
No.10 クラクフ旧市街・世界遺産の街並  
Cityscape of the historic district of Krakow, world heritage.
©Teruaki Iida
No.11  聖マリア教会  
St. Mary's Church
©Teruaki Iida
No.12 クラクフ市街を一望できるコシチュシコ山頂上で
Overlooking city of Krakow from Kosciuszko's Mound
©Teruaki Iida
No.13 トラム(市電)が走る市内
Trams are convenient as transportation in city of Krakow.
©Teruaki Iida
No.14 ストリートライブで支援を募る
Performing in streets to raise funds
©Teruaki Iida
 
No.15 ポーランドの伝統的な花冠を売る売店
Poland's famous traditional corollas are sold here. 
©Teruaki Iida
No.16 ヴィスワ川から第二次世界大戦で破壊をまぬがれたヴァヴェル城を望む
Overlooking Wawel Castle, unhurt in WW II, from Vistula River.  
©Teruaki Iida

No.17 平和集会で
Peace Rally
©Teruaki Iida

No.18 平和集会で   
Peace Rally
©Teruaki Iida
No.19 平和集会で  
Peace Rally
©Teruaki Iida
No.20 平和集会で  
Peace Rally  
©Teruaki Iida
 
No.21  平和集会で  
Peace Rally  
©Teruaki Iida
No.22 平和集会で   
Peace Rally
©Teruaki Iida
No.23 平和集会で  
Peace Rally  
©Teruaki Iida
No.24 平和集会で熱唱するフォークシンガー
A folksinger sings enthusiastically at peace rally.
©Teruaki Iida
No.25 中央広場で毎日午後から開かれる平和集会  
Peace rally is held every afternoon at a Main Square.
©Teruaki Iida
No.26 平和集会でウクライナ国歌を歌う歌手のダリアさん親子
Darlla sings national anthem of Ukraine with her daughter at peace rally. 
©Teruaki Iida
No.27 平和集会で  
Peace Rally
©Teruaki Iida
No.28 アウシュビッツ博物館は悲しい歴史を繰り返さないためにも訪れた...   
I visited the Auschwitz Museum, as a reminder not to repeat such sad history...
©Teruaki Iida